お知らせNews

  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 人生は曲がりまっすぐだァ!   ――四季を歩く 参の巻――

人生は曲がりまっすぐだァ!   ――四季を歩く 参の巻――

2011.5.6 その他

人生を考えるとき、忘れてはならないことがある。人は一人で生きているのではない、が、一人ぼっちでもある。僕はオンリーワンの存在であり、君もだ。僕や君達が集まって、社会をつくっている。その意味では一人では生きていない。ということだ。いつの世も個人と組織の問題はついて回る。
  個としての存在は同時に組織の一員としての存在でもある。そのために人は葛藤の種をはらんでいる。
葛藤の最大のものは人間関係だろう。家族、企業、学校、地域社会、官庁、国家等々組織として成立するものには必ず付いて回る。
こんな言葉を思い出す。
 智に働けば角が立つ。
情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
兎角にこの世は住みにくい。  (夏目漱石「草枕」)  
  人間関係の複雑にして難しさを簡潔に言ってのけている。
社会という大きなシステムの中で僕らが生活をしている事実は覆せない。社会は人と人との関わり合いで動いている。人はその関わり合いのなかでルールを作り守り、感情を揺り動かし、考え、判断し、行動している。人が社会の中で成長する所以である。

お問合せはこちらから

お電話の方は 047-468-8025
お問合せフォームはこちら