お知らせNews

こども造形教室ー思い出の宝箱:ドライスノードーム

2012.3.13 キッズハウス

野島先生からのお便りです
こども造形教室のみなさまへ
こんにちは。やっと3月らしいお日様の光を感じる今日このごろですね~。
3月2日の造形教室は、まずはたいこの仕上げ。打面の布にボンドを塗りました。


それが終わったら、ドライスノードームと名付けた「思い出の宝箱作り」工作。
平たい箱の中に、紙で半立体の背景を作り、うす~い紙を切ったものを入れ、透明なプラ板でふたをして
静電気の働きでうすい紙の動きを楽しむ、というもの。
雪だるまに雪の結晶がふってくる見本を見せたら、みんなイメージがわいたらしくすぐにそれぞれの設計図を作り始めました。
今回は箱から手作り。工作用紙を渡して、製図にも取り組んでもらいました。

難しい部分は大人がやることにして何とか箱ができたら、 箱の中に好きな色を塗ってもらい、背景作りもスタート。
子どもたちはぺちゃくちゃおしゃべりしながらも、色画用紙でどんどん箱の背景を作ります。
途中で、「せんせ~!これどうやんの~?」と聞かれても、ちょっとアドバイスするとぱっと作品が進みます。
みんな、成長してますよね~。今後が楽しみです。
というわけで、次回は3月16日、「思い出の宝箱作り」を仕上げます。
もし、箱の中の背景作りで個人的に必要なものがあれば、持って来てください。
今年度で造形教室を卒業するお友達が何人かいます。
このメンバーで過ごす最後の教室なので、みんなで楽しみましょうね。
それから、春からの会員を募集中です。
もし、絵を描いたり、何か作ったりするのが好きなお友達がいたら、 この教室のことを教えてあげてください。
どうぞよろしくお願いします。
*野島朋子*

お問合せはこちらから

お電話の方は 047-468-8025
お問合せフォームはこちら